湘南美容クリニックAGA福岡院のドクター紹介

ホーム ドクター紹介 アクセス・クリニック案内 施術・料金一覧 症例写真 モニター募集

ドクター紹介
長井 正寿 医師
blog メール相談 モニター募集 Instagram
毛髪部門統括部長
湘南美容クリニックAGA福岡院 院長
長井 正寿 ながい まさひさ 医師
Masahisa Nagai

自分自身が薄毛に悩み、施術に携わる傍ら自毛植毛を3度受けました。
その間にチョィ式植毛針「チョィニードル」のDrチョイの指導と、「Hair transplantation」の著者で、現在世界1のDrシャピローにアメリカで研修及び、施術を受ける。

手術を受けた事実が他人に分からない「undetectable operation」を実践しています。


経歴: 1991年 久留米大学医学部卒業
久留米大学泌尿器科勤務
1999年 美容外科勤務(毛髪移植科)
2003年 ナガイクリニック開業
2011年 ウエルネスクリニックグループ 総院長就任
2013年 湘南美容外科クリニック勤務
AGAルネッサンスクリニック勤務

備考: アメリカ毛髪学会専門医
スポーツドクター
JATECプレインストラクター
日本臨床毛髪学会前学会長 現理事
イタリア国際毛髪学会会員
アメリカ国際毛髪学会会員
日本形成外科学会会員
日本皮膚外科学会会員
日本救急外科学会会員
国際毛髪学会会員
主な実績
2003年 日本アジア臨床毛髪学会にて「発毛における毛包単位の考察」発表
2004年 日本臨床毛髪学会にて「ドナー採取に関する当院での工夫」発表
2005年 イタリア国際毛髪学会にて「Trapiant ciglli e sopraciglli」(まつ毛、眉毛の植毛)発表に対し同学会
2005年 アメリカにて、TFUT研修
2006年 日本臨床毛髪学会にて「自然なヘアーラインの形成」発表
同学会ワークショップにおいて、「ドナー採取に関して」の講義を担当
2006年 イタリア国際毛髪学会にて「A New Machine for Hair Growth」発表に対し
「地中海アワード賞」受賞
2006年 Dr Fabrizio著「Prevenire e contrastar la daduta dei capelli」(脱毛症に対する予防と治療)日本語
2007年 ラスベガス 国際毛髪学会にて「Difficulty of Body Hair Transplantation」(体毛移植の困難さ)発表
同内容論文をHair transplant forumという学会誌に執筆依頼
2008年 アメリカ毛髪学会専門医合格
2008年 第14回日本臨床毛髪学会学術集会 会長
2009年 日本美容外科学会 横浜 私の植毛術 招待講演
2010年 Dr.Unger著 「Hair transplantation」執筆
2010-12年 アメリカ毛髪学会理事選任
2011年 4月 / 日本形成外科学会総会 徳島 最先端植毛手術 招待講演
2012年 コロラドFUE Palooza(FUE施術ワークショップ)
2013年 11月 / 日本臨床毛髪学会 東京 最先端の毛髪移植ワークショップ講師
2014年 国際毛髪学会(ISHRS: International Society of Hair Restoration Surgery)より
「フェロー賞」受賞
2014年 4月 / 日本形成外科学会総会 植毛手術シンポジスト招聘 「Hair transplantation から Hair restoratio
2014年 4月 / スペイン New hair clinic 特別講師就任
2014年 5月 / 韓国 WCHR(世界毛髪研究学会)招待講演 「 Cutting edge of hair restoration 」
2014年 5月 / ブラジル ブラジル毛髪学会招待講演 「 Hair restoration with Robot assist 」
2014年 10月 / アメリカ毛髪学会試験管 What is
2015年 2月 / Pepars全日本病院出版会 臨床で役立つ毛髪治療update アドバンス植毛執筆
2015年 6月 / 韓国毛髪学会 招待講演
2015年 6月 / 日本美容外科学会 最新の長井式植毛 発表
2015年 9月 / 国際毛髪学会 両手で行う繊細な植毛術 発表
2015年 9月 / アメリカ毛髪学会専門医試験試験官
2015年 12月 / 日本臨床毛髪学会 ワークショップ 植毛の実際について講演
2016年 2月 / 18,19日 アメリカにてARTAS users meeting 招待講演
2018年 3月 / 24,25日第2回台湾毛髪学会 招待講演
2018年 4月 / 武田 啓 著 毛髪―ガイドライン2017を踏まえた治療update 執筆
2018年 5月11日~13日 / アジア毛髪外科医学会「繊細で正確な長井式植毛」
執筆
Hair transplantation 5th edition / 脱毛症治療の新戦略 / hair transplant journal
毛髪―ガイドライン2017を踏まえた治療update
認定書、講習会
認定書

ARTASインストラクター認定書
2016年2月18,19日

ARTASミーティング講習会風景

長井医師 ARTAS動画


分山 博文 医師
メール相談 モニター募集 Instagram
分山 博文 わけやま ひろふみ 医師
Hirofumi Wakeyama

私は二十歳を過ぎた頃から髪の毛が薄くなっていくことに対して不安を感じだしました。私の父や祖父が重度のAGAだったためです。
当時はAGA治療に関しての正しい知識は持ち合わせておらず、育毛トニックや発毛エステなどに多額のお金を使いましたが、それらに効果が期待できない事を知ったのは三十歳近くになってからでした。
それ以降はフィナステリドやミノキシジルなどの効果の立証されている薬で治療をしておりますが、「もっと若い頃にその知識があれば…」と悔やむ気持ちが残っています。

世の中にはAGAの改善をうたう治療があふれていますが、本当に効果のある治療は極僅かで、進行度に応じた適切な治療が必要です。
将来後悔しないためにも、一人で悩まず、ぜひご相談にお越しください。


経歴: 2007年 東京医科大学卒業
以降、総合病院を中心に外科、内科、皮膚科等を研鑽
2017年 湘南美容クリニック入職

備考: 抗加齢医学会会員
国際毛髪外科学会(ISHRS)会員
日本専門医機構専門医
ボトックスビスタ認定医
ジュビダームビスタ認定医